パチンコ 巨人の星 解析攻略

CRびっくりぱちんこ巨人の星の解析攻略情報

◎止め打ち手順
「3回開きロング開放」時は・・・
@ 2回目閉じで打ち出しを止め
A 3回目閉じで打ち出しを開始

「6回開きショート開放」時は・・・
@ 5回目閉じで打ち出しを止め
A 6回目閉じで打ち出しを開始

手順@とAを繰り返すことで、現状維持以上が見込める。

◎演出による好不調台判別
明子姉ちゃんが出たら様子見
頻繁に図柄停止時に明子姉ちゃんが出る台は好調台のサインか。30回転程度は様子を見た方が無難。

ギプスゾーンのハズレはハマリのサイン
ギプスゾーンハズレは不調台の前兆かも。デモ画面を出して、流れを変えてみよう。

リーチ時の障子が頻繁に変化
リーチ時に赤障子や鉄扉が出やすい台は自然に出玉が増える傾向がある。障子予告は最重要演出となっている。

明子カットイン後のバトルで敗北
バトル中の明子カットインで復活後に、その後すぐに敗北するようなパターンは危険。さらに通常時に負けるようだと大ハマリ必至。

不穏な流れを変える デモ出しポイント
炎の左腕予告からVSリーチへ発展してハズれたら、デモ画面を出して流れを変えよう。その内、お詫びがやってくる可能性がある。

◎攻略ポイント
その1
京楽の水戸黄門2では八兵衛が活躍すると好調だったが、CRびっくりぱちんこ巨人の星ではその役割が明子姉ちゃんに継承されているのではないだろうか。先読み予告、明子チャンスタイムなど、彼女の存在が目立つほど好調台だと思われる。
また、ミニライバルリーチ、ライバル特訓リーチなどの弱リーチ頻発後、急に高信頼度リーチに発展するケースが目立つ。ヤメ時には十分注意しないとハイエナさてる可能性があるので注意しよう。逆にそういう台を狙って立ち回る方法も有効かもしれない。

その2
連チャングセのある台はバトルモード中に16R確定の3号が選択されやすく、また最弱の直球でも勝利しやすい。このような状況が遊戯中に見られれば、少々のハマリも打ち続けた方が結果プラスになる場合もある。
また、ロゴギミックのフラッシュ、左腕ギミックの可動は、大当りの前触れの可能性がある。打ち始めはギミックに注目しながら好不調を判断してみることも良いかもしれない。

こちら CRびっくりぱちんこ巨人の星の無料攻略手順はこちら

2style.net